日記のカテゴリ記事一覧

クリステルの日記にようこそ。

カテゴリ:日記

  • 日記

    角膜はそのてっぺんを中心として、全ての方向に均一なカーブを描いている。均一で無く、方向により緩いカーブや、キツイカーブがあると、光の焦点が2つに分類されてしまう。これが乱視であるためである。症状は、物が2重にみえ、視力があまり良くない等である。乱視に遠視や近視が重な

    記事を読む

  • 日記

    乱視とは 簡単に云えば目の歪みの事であるためである。ラグビーボールは円ではなく楕円形をしている。このようなには歪んではいないがイメージとして把握して欲しい。 近視矯正をするケースの場合、角膜の屈折をやわらげるように、盛り上がってる中央部を平らにする削り方により

    記事を読む

  • 日記

    レーシックは一般的には近視の矯正手術として把握されている様である。しかしながら、近視の目しか矯正出きないと云う訳じゃないのだ。乱視と近視の両方をもってる人も少なくはないだろうし、乱視のみあると云う人も居るだろう。レーシックに限った事じゃないのだが、手術は全部の

    記事を読む

  • 日記

    「手術やレーザー治療による乱視治療」メガネやコンタクトレンズを装着するのに向かないスポーツ等を実践するケースの場合や、コンタクトレンズを装着するのに体質的な理由等で無理があるケースの場合は、レーザー治療や手術に拠って乱視を治療する事が出きる。軽度の乱視であれ

    記事を読む

  • 日記

    レーシックは、近視の治療法として相当の人に受け入れられる様になってきたが、レーシックに拠って矯正出きるのは近視だけじゃないのだ。日本人は近視の人が少なくない為、レーシックも近視の矯正手術として取り上げられる事が少なくないのである。後天性の角膜乱視の原因に於い

    記事を読む

  • 日記

    「手術やレーザー治療による乱視治療」メガネやコンタクトレンズを装着するのに向かないスポーツ等を実践するケースの場合や、コンタクトレンズを装着するのに体質的な理由等で無理があるケースの場合は、レーザー治療や手術に拠って乱視を治療する事が出きる。より良い視力を出

    記事を読む

  • 日記

    乱視の矯正には、何種類かの種類が有る。眼鏡による矯正や、コンタクトレンズによる矯正、レーシックと云う手術の医療的な矯正である。また、乱視の度数をはかる物に「クロスシリンダー」と呼称される測定器が有る。乱視の矯正に於いて注意しなければならないのは、あまりピッタリに矯

    記事を読む

  • 日記

    角膜はそのてっぺんを中心として、全ての方向に均一なカーブを描いている。均一で無く、方向により緩いカーブや、キツイカーブがあると、光の焦点が2つに分類されてしまう。これが乱視であるためである。症状は、物が2重にみえ、視力があまり良くない等である。乱視に遠視や近視が重な

    記事を読む

  • 日記

    何が乱れているのが乱視なのだろうか? 乱視は殊更に角膜の歪みにより生じる。本来丸いはずの角膜であるが、乱視のケースの場合は上下左右の比率が変わってしまう為、横方向と縦方向で焦点のあう場所がちがってる。軽度の乱視であれば、眼鏡でも充分矯正は可能である。しかしなが

    記事を読む

  • 日記

    レーシックは一般的には近視の矯正手術として把握されている様である。しかしながら、近視の目しか矯正出きないと云う訳じゃないのだ。乱視と近視の両方をもってる人も少なくはないだろうし、乱視のみあると云う人も居るだろう。これをレーシックで矯正するには、角膜表面の形を「

    記事を読む

  • 日記

    不正乱視のケースの場合、不正乱視の角膜は表面が複雑に歪んでいる為、正乱視より矯正するのがむずかしいものである。屈折異常が正乱視の様に法則性がある物じゃない為、不正乱視は眼鏡で矯正する事が出きない。矯正器具で矯正するには、ハードコンタクトを装着して、角膜表面とレ

    記事を読む

  • 日記

    乱視を矯正するには、眼鏡、コンタクトレンズ、屈折矯正手術等が有るが、1番安全性が高く気楽なのは、眼鏡である。眼鏡には、レンズが角膜に接触しない為、衛生上の問題がまず無いと云う安心感が有る。ただし光学的には、ハードコンタクトレンズによる矯正と比較して、空間視の異和感が

    記事を読む

  • 日記

    「乱視」物がダブってみえたり、部分的に歪んでみえたりする状態が乱視である。乱視の原因は、水晶体や角膜の歪みが原因である。眼の中に入ってきた光がちがった場所で同時に複数の焦点を結んでしまう事から生じる。水晶体や角膜は経過と同時に微妙な歪みや凹凸が出きてしまう。多少

    記事を読む

  • 日記

    「正乱視」一般的には角膜の歪みにより生じる正乱視は、円柱レンズかハードコンタクトレンズにより矯正するのが適している。近頃では、ソフトコンタクトでもトーリックレンズと云う乱視の矯正レンズも多種あるのであるが、矯正が可能な乱視の屈折度数が限られている為、瞬目等でコ

    記事を読む

  • 日記

    乱視を矯正するには、眼鏡、コンタクトレンズ、屈折矯正手術等が有るが、1番安全性が高く気楽なのは、眼鏡である。眼鏡には、レンズが角膜に接触しない為、衛生上の問題がまず無いと云う安心感が有る。ただし光学的には、ハードコンタクトレンズによる矯正と比較して、空間視の異和感が

    記事を読む

  • 日記

    レーシックは、近視の治療法として相当の人に受け入れられる様になってきたが、レーシックに拠って矯正出きるのは近視だけじゃないのだ。日本人は近視の人が少なくない為、レーシックも近視の矯正手術として取り上げられる事が少なくないのである。人間の角膜は綺麗な円形ではな

    記事を読む

  • 日記

    角膜はそのてっぺんを中心として、全ての方向に均一なカーブを描いている。均一で無く、方向により緩いカーブや、キツイカーブがあると、光の焦点が2つに分類されてしまう。これが乱視であるためである。症状は、物が2重にみえ、視力があまり良くない等である。乱視に遠視や近視が重な

    記事を読む

  • 日記

    乱視は視力低下の原因で、乱視の目は人1倍観る努力が必要な為、放置してしまうと興味ないうちに目を酷使し、眼精疲労になりがちである。また、乱視は頭痛や疲労感、肩こり等を生じさせる事も有る。この様な乱視の矯正方法は、以下に挙げている様な矯正法が一般的である。・不正乱視と

    記事を読む

  • 日記

    乱視は2種類に分類出きる。正乱視と不正乱視である。「正乱視」一般的に乱視と云えば、この正乱視の事を指する。 正乱視の定義は、殊更に角膜の表面が湾曲していて、焦点が一点に集まらない目と云う事に成る。しかしこの解説だけではイメージが浮かんで来ません。 一言で云うとラグビ

    記事を読む

  • 日記

    なぜ乱視になるのだろうか。乱視とは屈折異常の一つで、網膜よりも手前に光が焦点を結んでしまう為に物がぼやけてみえてしまう状態の事を指する。ハッキリした原因は分ってないが、殊更に考慮される原因は、発達に結びついた屈折の状態の変化、遺伝による物、環境による物が挙げれ

    記事を読む

  • 日記

    乱視は角膜の歪みが原因となって生じる為、何処にも焦点が合わない事を云う。物を観る時にピントが合わせられず、全体がぼんやりとしてみえる状態で、屈折異常の一つである。本来人間の角膜は綺麗な円形ではなく横に少し長い楕円形をしている。その楕円が横長になればなるほど乱視

    記事を読む

  • 日記

    乱視とは目の屈折面が球面をなしていない為に、外からの平行光線が一点に結像しない目の屈折状態の事を云う。不正乱視と正乱視に大別される。「眼鏡による乱視矯正」乱視の矯正は、一つの方向のみを矯正する円柱レンズが使用される。乱視は角膜の屈折力が揃ってない為焦点が出きな

    記事を読む

  • 日記

    レーシックは、近視の治療法として相当の人に受け入れられる様になってきたが、レーシックに拠って矯正出きるのは近視だけじゃないのだ。日本人は近視の人が少なくない為、レーシックも近視の矯正手術として取り上げられる事が少なくないのである。≪倒乱視、直乱視≫自身が倒乱視

    記事を読む

  • 日記

    不正乱視のケースの場合、不正乱視の角膜は表面が複雑に歪んでいる為、正乱視より矯正するのがむずかしいものである。屈折異常が正乱視の様に法則性がある物じゃない為、不正乱視は眼鏡で矯正する事が出きない。矯正器具で矯正するには、ハードコンタクトを装着して、角膜表面とレ

    記事を読む

  • 日記

    ・不正乱視不正乱視とは角膜の表面が凸凹な物の事を云う。また、角膜の疾患が原因となって、後天的の乱視になるケースの場合も有る。不正乱視は乱視矯正で使用されているレンズでは矯正出きない為、コンタクトで矯正するが、完璧な矯正が出きない事も有る。・正乱視正乱視は角膜の曲

    記事を読む

  • 日記

    角膜はそのてっぺんを中心として、全ての方向に均一なカーブを描いている。均一で無く、方向により緩いカーブや、キツイカーブがあると、光の焦点が2つに分類されてしまう。これが乱視であるためである。症状は、物が2重にみえ、視力があまり良くない等である。乱視に遠視や近視が重な

    記事を読む

  • 日記

    レーシックを初めとする相当の視力矯正の手術は殆どが近視を対象とした為、乱視・老眼・遠視のケースの場合はどうなるのか知りたくはないだろうか?・不正乱視と正乱視乱視には不正乱視と正乱視が有る。正乱視は、屈折した光が1点で焦点を結ばないが、2カ所で焦点をむすぶ状態の事で

    記事を読む

  • 日記

    何が乱れているのが乱視なのだろうか? 乱視は殊更に角膜の歪みにより生じる。本来丸いはずの角膜であるが、乱視のケースの場合は上下左右の比率が変わってしまう為、横方向と縦方向で焦点のあう場所がちがってる。近視矯正をするケースの場合、角膜の屈折をやわらげるように、盛

    記事を読む

  • 日記

    乱視は水晶体や角膜の歪みに拠って光が網膜に届く迄に乱れてしまう事を云う。乱視には多種多様な種類があるのでその種類により対処法も異なる。乱視は角膜表面の形の異常により横方向と縦方向で屈折率のつよい場所と弱い場所がでてきてしまって、釣り合いが取れていないと云う

    記事を読む

  • 日記

    現代に於いてレーシックは、近視治療の方法として相当の人に受け入れられる様になってきているが、レーシックで矯正出きるのは、近視だけじゃないのである。遠視や乱視もレーシックにより矯正する事が出きるのである。レーシックは、殊更に眼鏡やコンタクトレンズで矯正する事が困

    記事を読む

  • 日記

    角膜はそのてっぺんを中心として、全ての方向に均一なカーブを描いている。均一で無く、方向により緩いカーブや、キツイカーブがあると、光の焦点が2つに分類されてしまう。これが乱視であるためである。症状は、物が2重にみえ、視力があまり良くない等である。乱視に遠視や近視が重な

    記事を読む

  • 日記

    「近視とは」目のアレンジを休めている状態の時、遠くから目に入った光が網膜よりも手前に、像を結んでしまう状態の事を云う。このケースの場合、ぼやけた像が網膜にうつる為に、遠くの物がハッキリとみえない。また、アレンジ力を活動させていてもピントが手前にシフトしてしまい、よ

    記事を読む

  • 日記

    「原因」水晶体と角膜はレンズの任務を果たしていて、ただしいケースの場合は、屈折した光は眼球後ろの網膜上のある一転に焦点が合い像を結んで、物がみえるのである。遠視や近視のケースの場合、部分はずれているものの、絶対にどこかに焦点が有る。しかしながら、乱視のケースの場合

    記事を読む

  • 日記

    何が乱れているのが乱視なのだろうか? 乱視は殊更に角膜の歪みにより生じる。本来丸いはずの角膜であるが、乱視のケースの場合は上下左右の比率が変わってしまう為、横方向と縦方向で焦点のあう場所がちがってる。軽度の乱視であれば、眼鏡でも充分矯正は可能である。しかしなが

    記事を読む

  • 日記

    乱視は視力低下の原因で、乱視の目は人1倍観る努力が必要な為、放置してしまうと興味ないうちに目を酷使し、眼精疲労になりがちである。また、乱視は頭痛や疲労感、肩こり等を生じさせる事も有る。この様な乱視の矯正方法は、以下に挙げている様な矯正法が一般的である。ただしい眼の

    記事を読む

  • 日記

    乱視とは目の屈折面が球面をなしていない為に、外からの平行光線が一点に結像しない目の屈折状態の事を云う。不正乱視と正乱視に大別される。乱視は、正乱視と不正乱視の二つに分類される。正乱視は角膜の形が歪んでいる為に生じる。歪んでいる方向により、正乱視、倒乱視、斜乱視が

    記事を読む

  • 日記

    乱視は、殊更に角膜の曲面で生じている角膜乱視と、水晶体の曲面・傾斜で生じる水晶体乱視を合わせたものである。 角膜には直乱視が少なくない為、水晶体はそれを倒乱視により打ち消す様に活動すると云われている。収差を打ち消す為に、その様な仕組みに為ってると云う説も有る。望

    記事を読む

  • 日記

    乱視は水晶体や角膜の歪みに拠って光が網膜に届く迄に乱れてしまう事を云う。乱視には多種多様な種類があるのでその種類により対処法も異なる。乱視は角膜表面の形の異常により横方向と縦方向で屈折率のつよい場所と弱い場所がでてきてしまって、釣り合いが取れていないと云う

    記事を読む

  • 日記

    乱視の矯正には、何種類かの種類が有る。眼鏡による矯正や、コンタクトレンズによる矯正、レーシックと云う手術の医療的な矯正である。また、乱視の度数をはかる物に「クロスシリンダー」と呼称される測定器が有る。乱視の矯正に於いて注意しなければならないのは、あまりピッタリに矯

    記事を読む

  • 日記

    なぜ乱視になるのだろうか。乱視とは屈折異常の一つで、網膜よりも手前に光が焦点を結んでしまう為に物がぼやけてみえてしまう状態の事を指する。ハッキリした原因は分ってないが、殊更に考慮される原因は、発達に結びついた屈折の状態の変化、遺伝による物、環境による物が挙げれ

    記事を読む

  • 日記

    ・不正乱視不正乱視とは角膜の表面が凸凹な物の事を云う。また、角膜の疾患が原因となって、後天的の乱視になるケースの場合も有る。不正乱視は乱視矯正で使用されているレンズでは矯正出きない為、コンタクトで矯正するが、完璧な矯正が出きない事も有る。・正乱視正乱視は角膜の曲

    記事を読む

  • 日記

    乱視は視力低下の原因で、乱視の目は人1倍観る努力が必要な為、放置してしまうと興味ないうちに目を酷使し、眼精疲労になりがちである。また、乱視は頭痛や疲労感、肩こり等を生じさせる事も有る。この様な乱視の矯正方法は、以下に挙げている様な矯正法が一般的である。これをレーシ

    記事を読む

  • 日記

    何が乱れているのが乱視なのだろうか? 乱視は殊更に角膜の歪みにより生じる。本来丸いはずの角膜であるが、乱視のケースの場合は上下左右の比率が変わってしまう為、横方向と縦方向で焦点のあう場所がちがってる。乱視とは、物を観た時に、物が二重三重に重なってみえたり、霞ん

    記事を読む

  • 日記

    ハードコンタクトレンズのケースの場合隙間に涙が入り、ハードコンタクトレンズ装着時は縦と横のカーブが同じになって乱視が軽くなる。しかしながら、ソフトコンタクトレンズのケースの場合、目の表面に途方もなく薄いラップのようにピッタリとくっついてしまうのでいびつなカー

    記事を読む

  • 日記

    何が乱れているのが乱視なのだろうか? 乱視は殊更に角膜の歪みにより生じる。本来丸いはずの角膜であるが、乱視のケースの場合は上下左右の比率が変わってしまう為、横方向と縦方向で焦点のあう場所がちがってる。より良い視力を出す為乱視用のコンタクトレンズを使用した方が

    記事を読む

  • 日記

    角膜はそのてっぺんを中心として、全ての方向に均一なカーブを描いている。均一で無く、方向により緩いカーブや、キツイカーブがあると、光の焦点が2つに分類されてしまう。これが乱視であるためである。症状は、物が2重にみえ、視力があまり良くない等である。乱視に遠視や近視が重な

    記事を読む

  • 日記

    何が乱れているのが乱視なのだろうか? 乱視は殊更に角膜の歪みにより生じる。本来丸いはずの角膜であるが、乱視のケースの場合は上下左右の比率が変わってしまう為、横方向と縦方向で焦点のあう場所がちがってる。しかしながら、硝子体や水晶体、網膜が原因となる乱視も在り、軽

    記事を読む

  • 日記

    なぜ乱視になるのだろうか。乱視とは屈折異常の一つで、網膜よりも手前に光が焦点を結んでしまう為に物がぼやけてみえてしまう状態の事を指する。ハッキリした原因は分ってないが、殊更に考慮される原因は、発達に結びついた屈折の状態の変化、遺伝による物、環境による物が挙げれ

    記事を読む

  • 日記

    乱視とは、角膜の歪みにより生じる現象で、物を観るのにピントが合わず、ぼやけてみえてしまう。乱視・遠視・近視はどれも屈折異常であるが、屈折異常の中で乱視をもってる人の割合はおもったよりもおおく、約1/3を占めている。「遠視とは」近視とは逆で、遠くからの映像や光が網膜より

    記事を読む

  • 日記

    乱視とは目の屈折面が球面をなしていない為に、外からの平行光線が一点に結像しない目の屈折状態の事を云う。不正乱視と正乱視に大別される。より良い視力を出す為乱視用のコンタクトレンズを使用した方がよいとおもわれる人は全コンタクトレンズ使用者の中の約20%と云われてい

    記事を読む

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS
このブログはSEOに強い無料ブログテンプレート で作られています。
Copyright © クリステルの日記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

  • ライブドアブログ