お探しの情報は見つかりましたか?

乱視とは 簡単に云えば目の歪みの事であるためである。
ラグビーボールは円ではなく楕円形をしている。
このようなには歪んではいないがイメージとして把握して欲しい。

近視矯正をするケースの場合、角膜の屈折をやわらげるように、盛り上がってる中央部を平らにする削り方により角膜を削るが、遠視治療のケースの場合ではこの逆である。
角膜の屈折をつ良くする為に、付近部を削り屈折度を高める。
但し乱視のケースの場合その乱視がどんな種類の乱視かにより、削り方が変わってくるのである。
乱視は、不正乱視と正乱視の二つに分かれ、正乱視は更に直乱視、倒乱視、斜乱視の3つに分類する事が出きる。

「不正乱視
乱視の角膜表面が、曲がってるにしても、とにかくなめらかであるのに対して、不正乱視の角膜表面は何らかの原因により不規則な凹凸がある目である。
病的、もしくは外傷等を原因としている。
このケースの場合、その凸凹に合わせたレンズを作成すると云う事は出きない。
しかしながら、コンタクトレンズ、殊更にハードコンタクトレンズを着ける事で、レンズと角膜凸凹の間を涙がふさぐ為、結果的には綺麗に矯正されているケースの場合が有る。

近視の人は老眼になりにくいのだろうか?

よく、近視の人は老眼にはならないけど、遠視の人はなりやすい、と云うが、それは本当だろうか。
老眼とは、レンズの任務をしている水晶体をスムーズに厚くアレンジする事が難しくなる症状の事である。
屈折性の近視のケースの場合、水晶体が何時も厚く為ってる事が少なくない為、近くを観るのは得意な目である。
ゆえに、近視の人が老眼になっても、近距離であればメガネをかけなくても観る事が出きる。



[PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス

  • カテゴリ
    タグ