お探しの情報は見つかりましたか?

「手術やレーザー治療による乱視治療」

メガネやコンタクトレンズを装着するのに向かないスポーツ等を実践するケースの場合や、コンタクトレンズを装着するのに体質的な理由等で無理があるケースの場合は、レーザー治療や手術に拠って乱視を治療する事が出きる。

軽度の乱視であれば、眼鏡でも充分矯正は可能である。
しかしながら、強度の乱視の人のケースの場合、眼鏡では矯正しきれない事が有る。
このような人のケースの場合は、はハードコンタクトや乱視用コンタクト等で矯正しているケースの場合も少なくないとおもう。

強度の乱視のケースの場合は、メガネによる視力矯正が出きない。
乱視用のコンタクトレンズにより矯正する事がすすめれる。
以前はコンタクトに角膜の凹凸がなかなかどうして上手く合わせられず、上手く矯正する事が出来なかった様であるが、現状では「フォケラトスコープ」に拠って解析が出きるようになった。

「手術やレーザーによる乱視治療」
眼鏡やコンタクトレンズの装着に向かないスポーツを実践するケースの場合や、コンタクトの装着が体質的に無理なケースの場合等は、レーザー治療や手術に拠って乱視の治療をする事も出きる。



[PR]
  • バッグ レディース 人気
  • スニーカー メンズ 人気
  • マスク 日本製
  • ピッタマスク
  • リュック メンズ

  • カテゴリ
    タグ