お探しの情報は見つかりましたか?

レーシックは、近視の治療法として相当の人に受け入れられる様になってきたが、レーシックに拠って矯正出きるのは近視だけじゃないのだ。
日本人は近視の人が少なくない為、レーシックも近視の矯正手術として取り上げられる事が少なくないのである。

後天性の角膜乱視の原因に於いて考慮される事で、1番少なくない事は目を細める事により眼球へかかる圧迫と逆さ睫毛である。
近視の初期に、遠くを無理に見ようとして、目を細めたりすると目の周りの筋肉に拠って、角膜が押し潰されて、変形してしまう。
我知らずに目を細める人が少なくないが、角膜乱視を予防する為にも、目を細める事は絶対に敬遠したいものである。
新生児や、乳幼児の、肥満により、角膜乱視がおきる事も少なくない為、早期発見の早期治療が重要である。

乱視に対するコンタクトによる矯正」

-軽度乱視のコンタクトレンズの選定-
軽度乱視に対する第1の選定はガス透過性のハードコンタクトもしくは球面タイプの一日使い捨てのソフトコンタクトである。
どちらが良いかを一律に述べる事は出きない。
乱視用ソフトコンタクトが必要となる事は、殆どないだろう。

この様にコンタクトレンズはこれから多種多様な目的別に細分化された製品が発売される様に成るとおもわれるが、自身の眼にはどのコンタクトが1番合ってるのか眼科医による検査を受けただしく決定させてもらう事が重要である。



[PR]
  • トートバッグ かわいい
  • スニーカーサンダル
  • 冷感 マスク
  • エコバッグ 人気
  • リュックサック 人気

  • カテゴリ
    タグ