お探しの情報は見つかりましたか?

乱視の矯正には、何種類かの種類が有る。
眼鏡による矯正や、コンタクトレンズによる矯正、レーシックと云う手術の医療的な矯正である。
また、乱視の度数をはかる物に「クロスシリンダー」と呼称される測定器が有る。
乱視の矯正に於いて注意しなければならないのは、あまりピッタリに矯正してしまうと空間視に異和感をおぼえてしまう事である。
ドクターや眼鏡屋さんとよく対話の上、フィッティングをすべきだろう。

ソフトコンタクトレンズを上下からプッシュすると、上下は押し潰されてカーブがキツクなり、反対に横方向のカーブは緩くなる。
丁度(ちょうど)ラグビーボールを横に置いた時の様なレンズ表面に成る。
乱視は、このような角膜表面をもった目である。

乱視の屈折状況」
こんなラグビーボールの様なレンズをとおった光は一点に焦点を連結する事が出きない。
横方向と縦方向でレンズの屈折力がちがう為、ピントの合う距離が合致しないからである。

レーシックにより乱視は治るのか答えはイエスである。
日本人には近視の人が途方もなくおおく、レーシックにかんしても近視の矯正手術として取り上げられがちであるためである。
しかしながら、そもそもレーシックはレーザーを使用して角膜の屈折率を変える事に拠って視力を矯正する角膜屈折矯正手術であるためであるから、近視とおなじ様に屈折異常に分類される遠視や乱視も勿論治せるのである。

この様にコンタクトレンズはこれから多種多様な目的別に細分化された製品が発売される様に成るとおもわれるが、自身の眼にはどのコンタクトが1番合ってるのか眼科医による検査を受けただしく決定させてもらう事が重要である。



[PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス

  • カテゴリ
    タグ