お探しの情報は見つかりましたか?

レーシックは一般的には近視の矯正手術として把握されている様である。
しかしながら、近視の目しか矯正出きないと云う訳じゃないのだ。
乱視と近視の両方をもってる人も少なくはないだろうし、乱視のみあると云う人も居るだろう。

これをレーシックで矯正するには、角膜表面の形を「ウェーブフロント」等のシステムにより解析し、綺麗な球面に仕上がる様に角膜を削る。
ただ、レーシックによる矯正が向いているケースの場合もあれば、「エピレーシック」や「PRK」が向いているケースの場合、ハードコンタクトの方が向いているケースの場合等も在り、絶対にレーシックにより矯正するのが良いとは限らない。

不正乱視は、角膜表面が凹凸に為ってる為に光が乱反射してしまい、映像が歪んだりダブったりしてみえる乱視である。

「老眼」

老眼を遠視の一種と勘ちがいされる事がよく有るが、これは間ちがいものである。
老眼は老化現象の一つで、年を取るにつれ、水晶体のアレンジ力が低下する為に生じる。
若い時は水晶体に弾力性がある為、眼のアレンジ力が充分に活動して、近くも遠もハッキリみえる。
しかしながら、年を取るにつれ、水晶体の弾力性がなくなり、近くを観た時に、毛様体筋が縮んでも水晶体を厚くする事が出来なくなる。
その為、ピントが合わなくなり、近くの物がハッキリ見えなくなる。



[PR]
  • バッグ レディース 人気
  • スニーカー メンズ 人気
  • マスク 日本製
  • ピッタマスク
  • リュック メンズ

  • カテゴリ
    タグ