お探しの情報は見つかりましたか?

不正乱視のケースの場合、不正乱視の角膜は表面が複雑に歪んでいる為、正乱視より矯正するのがむずかしいものである。
屈折異常が正乱視の様に法則性がある物じゃない為、不正乱視は眼鏡で矯正する事が出きない。
矯正器具で矯正するには、ハードコンタクトを装着して、角膜表面とレンズの間を水分でうめる方法により矯正する方法が効果的とされている。

乱視は、正乱視と不正乱視の二つに分類される。
乱視は角膜の形が歪んでいる為に生じる。
歪んでいる方向により、正乱視、倒乱視、斜乱視が在り、正乱視は通常なら円を描く角膜が、横方向に長い楕円形に形を変えたものである。
矯正もそれほど難しくないのだが、倒乱視は、矯正がむずかしい乱視である。
乱視となると、矯正も途方もなく困難になってくるのである。

乱視はレーシックに拠って治る可能性もある為、乱視手術と近視手術を一緒に実践する事も出きる。
レーシックは臨床例も増大していて、その成就率や安全性等も次第に明白になってきている為、近年では割と気楽に受けられるようになってきているのであるが、全部の人の眼に活用出きるわけじゃないのだ。
乱視をレーシックに拠って治したいケースの場合は、ドクターと対話の上レーシックを受ける事が出きるのかどうかを確認すべきだろう。
もしレーシックが駄目なケースの場合も、「イントラレーシック」等の手術を受けられるケースの場合も有る。

但し注意しなくてはならない点として貴方がもってるデータは完璧矯正値から眼鏡やコンタクト用に修正したデータに成る為、絶対値じゃないのである。
例を挙げると、正確なデータのケースの場合では170°でも処方される値は180°と為ってるのが通常であるためである。
眼鏡の処方が170°に為ってるのにコンタクトの処方が180°に為ってるのはおかしいのでは?とおもわないで欲しい。



[PR]
  • トートバッグ かわいい
  • スニーカーサンダル
  • 冷感 マスク
  • エコバッグ 人気
  • リュックサック 人気

  • カテゴリ
    タグ