レーシックは一般的には近視の矯正手術として把握されている様である。
しかしながら、近視の目しか矯正出きないと云う訳じゃないのだ。
乱視と近視の両方をもってる人も少なくはないだろうし、乱視のみあると云う人も居るだろう。

レーシックに限った事じゃないのだが、手術は全部の人に活用出きると云う訳じゃないのだ。
乱視をレーシックにより治したいと云うケースの場合は、まず初めは眼科医と対話してレーシックを受ける事が出きるのかどうかを確認しなくてはならない。
もしレーシックに適応しないケースの場合でも、イントラレーシック等の他の手術を受けられると云う事も少なくない為、その時にはそちらの方を吟味する事も出きる。

乱視の種類≫

・不正乱視
角膜表面が凸凹な状態のものを云う。
角膜の疾患が原因で、後天的に不正乱視になるケースの場合も有る。
不正乱視のケースの場合、乱視の矯正に於いて使用される円柱レンズでは矯正する事が出きない為、コンタクトにより矯正するが、完璧には矯正出きないケースの場合も有る。

・正乱視
角膜の曲がり方が、一つの方向で1番つよく、これに直行する方向が1番弱い、両線の間がなだらかに変化する物を、「正乱視」と云う。

しかしながら、新たな技術の成長により、複雑な乱視も治療が可能になってきた。
複雑な乱視の人でも熱望が所有できる様になったのである。
乱視の人に限った事じゃないのだが、レーシックにかんして、自身自信からガッツリと把握する事から入ろう。
自身からでも多種多様な情報を入手するのに途方もなくべんりな時代になった。
レーシックにかんしても、乱視にかんしてもキチンと把握し、自身の肝心な目の事であるので確実に自身の目を任せられるドクターや病院選びをする事が肝心だと云える。



[PR]
  • バッグ レディース 人気
  • スニーカー メンズ 人気
  • マスク 日本製
  • ピッタマスク
  • リュック メンズ

  • カテゴリ
    タグ